町田・相模原|通信制高校 精華学園町田校 校舎長ブログ

起立性調節障害、うつ病、ひきこもり、発達障害に必要なのは「正しい理解」

子どもより文部科学省を信じる親と教師

time 2016/10/02

【子どもの出席日数が足りないんです】
【受験に間に合わないんです】

子どもの中に素晴らしい才能が芽生える瞬間があります。
それに大人が気づけば、子どもは伸びます。

でも、
多くの大人はそんなことには興味がありません。
ふつうに良い学校進学して欲しいのです。

だから、
出席日数が足りないこと。
学校や文部科学省が決めたルールに我が子をはめて、
才能を発揮させないようにします。

せっかく、
それで一生を生きていける才能が芽生えているのに
本当にかわいそうです。

良い中学・良い高校・良い大学・良い会社
中身は本当にその子にとって「良い」のでしょうか?

自分が何者かわからないまま
学校に入って、本当に迷子にならないのでしょうか?

迷子になりますよね。
私たち大人がそうでした。

本人を信じずに制度の味方をする。
唯一の味方であるかもしれない親が子どもを信じない。
それで問題が解決するでしょうか?

するわけないですね。

プロフィール

椎名雄一(心理カウンセラー)

椎名雄一(心理カウンセラー)

初めまして。椎名雄一です。 多くの大人が問題を先送りしようとします。今、解決しなければ、子どもはより困難な未来を乗り越えなくてはなりません。 [詳細]